iPhone|アクティベーションロックの解除方法(続編)

投稿日:2018年11月12日 更新日:

iPhone|アクティベーションロック解除の方法(続編)

以前に、「アクティベーションロック解除の方法」のコラムを掲載しましたが、今回は続編として、自分のiPhoneでApple ID(メールアドレス)とパスワードを忘れてしまった場合の対処方法を解説します。

結論として、Apple ID(メールアドレス)さえわかればパスワードはリセットすることができますので、新しいパスワードでサインインし直すことができますが、Apple IDも忘れてしまった場合はアクティベーションロックを解除するのは難しいです。

Apple ID(メールアドレス)は、iPhoneでiCloudにサインインしていれば、[設定]>[自分の名前]をタップするとApple ID(メールアドレス)が表示されていますが、すでにアクティベーションロックがかかっている場合は何も見れないので意味がないですね。そこでまずは、忘れてしまったApple IDを調べる方法を説明します。

忘れてしまったApple ID(メールアドレス)を調べる方法

別のiPhoneかパソコンから、Apple IDを調べるページを表示して、名前と思いつくメールアドレスを片っ端から入力してください。正しいアドレスが入力されると、「Apple IDが見つかりました お客様のApple IDは次の通りです」と表示されます。

Apple ID(メールアドレス)がわかったら、パスワードをリセットする

Apple ID(メールアドレス)がわかったら現在のパスワードを一度リセットして、新しいパスワードでサインインし直すことができます。

その際、Apple IDに2ファクタ認証がかかっているかどうかでリセット方法が違います。2ファクタ認証がかかっているかどうかは、[設定]>[自分の名前]>[パスワードとセキュリティ]で確認できます。

1)2ファクタ認証がかかっているパスワードのリセット方法

2ファクタ認証をONにしている場合は、「信頼できる電話番号を使用」と「他のデバイスから変更」の2つの方法でパスワードのリセットを行うことができますが、今回は「信頼できる電話番号を使用」を説明します。

❶別のiPhoneかパソコンでApple IDのアカウント管理ページにアクセスし、[Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?]という項目をタップします。

❷Apple ID(メールアドレス)を入力しますと、電話番号入力画面が表示されますので、電話番号を入力し、[続ける]をタップします。

❸[パスワードをリセット]というポップアップ画面が表示されますので、[許可する]をタップします。その後で、パスコードを入力することでパスワードをリセットすることができます。

2)2ファクタ認証がかかっていないパスワードのリセット方法

2ファクタ認証をOFFにしている場合は、「メールを受け取る」か「セキュリティ質問に答える」の2つの方法でパスワードのリセットをすることができます。

❶別のiPhoneかパソコンでApple IDのアカウント管理ページにアクセスし、[Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?]という項目をタップします。

❷次に、[パスワードをリセットする]を選択して[続ける]をタップすると、[メールを受け取る]か[セキュリティ質問に答える]の2つの選択肢が表示されますので、Apple IDとして登録しているメールが受信できる場合は、[メールを受け取る]を選択して[続ける]をタップします。

❸登録してあるメールアドレスに、パスワードリセットのメールが届きますので、本文内の[今すぐパスワードをリセット]のリンクをクリックして表示される画面からパスワードをリセットしてください。

❹Apple IDとして登録しているメールが受信できない場合は、[セキュリティ質問に答える]を選択して[続ける]をタップします。次にApple ID作成時に登録したセキュリティ質問が表示されますので回答を入力してパスワードをリセットしてください。

Copyright© iPhone修理はiPhoneリペアサービスにお任せください! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.