iPhoneの画面修理に使用する部品品質について詳しく解説します!|iPhone修理はiPhoneリペアサービスにお任せください!

iPhone即日修理店 iPhoneリペアサービス

iPhoneの画面修理に使用する部品品質について詳しく解説します!

投稿日:2022年5月20日 更新日:

iPhoneの画面修理に使用する部品品質について詳しく解説します!

全国には1500店を超えるiPhoneの修理店があります。そのなかにはいろんな修理店が存在しますが、店舗によって画面修理の価格に違いがあります。それは使用する部品品質によって価格差が生じるからです。

店によって、スタンダード部品や高品質部品など分けている所や、当店のように価格設定は一つの所などがあります。自分のiPhoneを修理してもらうのに、部品品質の差を知っておくことで修理店を選ぶ判断基準になると思いますので、是非参考にしてください。

ガラス交換と液晶交換の違いについて 

「落として割った」、「縦の緑色のラインが画面に出た」、「タッチができなくなった」という時はどれも画面修理となります。画面修理には2種類あり、一般的にガラスだけ割れている場合は、ガラス交換(軽度損傷)。液晶がダメになったりタッチができない時は、液晶交換(重度損傷)という分類になります。

修理料金は一般的に1,000円〜3,000円くらいの差が生じます。理由は、修理前にiPhoneの動作確認を行い液晶パネルの液晶部分に問題がなければ、表面のガラス部分を新しいものに貼り換えて再利用出来るため、どこのお店でもこの価格差をつけています。

ただしガラスの貼り換えには専用の機械を必要としますので、一般の修理店はその機械を持つ専門業者へ引き取ってもらうとこになります。 

どちらかの修理が決まった後パネル交換となりますが、修理店によって価格差があります。この価格差がパネルの品質の差となります。iPhoneXを例にして以下で比較してみました。

iPhoneのディスプレイパネルの品質について 

iPhoneは様々な部品によって構成されています。そのため修理内容によってそれぞれ使う部品が違います。特に画面故障のときに行うディスプレイパネル交換は、店舗によって修理金額、部品品質に大きな差がありますのでそこに焦点をあてて説明します。 

純正パネル 

純正パネルはアップルストアやカメラのキタムラ、ビックカメラなどの正規店での交換となります。価格はApple Care+に加入していれば3,700円、加入していなければ36,680円となります。 

リペア品 

表面の割れた部分を剥がし、新しいガラスを貼りつけたものです。パネル部分は純正品であっても修復したものなので、正規店では扱っていません。ここからは一般店や非正規店と言われるお店での取扱いとなります。 この部品を使用した場合、価格は25,000円ほどとなります。 

有機EL互換品 

上記二つを含め、Xの場合はここまでは有機ELで作られたパネルとなります。ただしこのパネルは純正品の部材は使っていないのでコピー品とも言われております。パネル表面の部材にはハードとソフトの2種類のガラスのどちらかが使用されており、ハードの場合は衝撃に対する耐久性がなく割れやすいと言われています。価格は20,000〜24,000円ほどとなります。 

インセル互換品 

有機ELではなくLCD液晶パネルとなります。純正部品を一切使っていませんがAからCまで3種類の品質の差があり、非正規店での使用率が最も高いパネルとなります。Aパネルになると、一般の方ではパッと見た目の判断ができない高いレベルとなります。B,Cとランクが下がっていくにつれて、画面の色合いは発色が悪くなり全体的に青白くなって行きます。価格は9,000円〜17,000円ほどとなります。 

オンセル互換品 

こちらもLCD液晶パネルとなりますが、インセルよりもパネルの厚みがあり発色、色合い、タッチ度合いが落ちます。激安でのパネル交換の表示をしている修理店ではこのパネルを使うケースが多く、クレームにつながるケースが多いです。 価格は6,000円〜8,000円となります 

インセルとオンセルの違い 

液晶パネル製造には何層も部材を使います。オンセルは偏光板、タッチパネル、ガラス基板、液晶、TFT、ガラス基板、偏光板と7層になります。対してインセルは偏光板、ガラス基板、液晶+タッチパネル、TFT、ガラス基板、偏光板という6層で製造されています。この製造法の違いで品質に差がでます。

有機ELパネルとLCDパネルの違い 

有機ELはディスプレイ自体が光ることで映像を映すことができます。対してLCD液晶ディスプレイの場合は、液晶自体が光るのではなく、バックライトが光ることによって映像を映し出します。有機ELの方が品質は高いのですが、コストが高いというデメリットがあります。

純正品とインセル互換品の比較 

純正品は有機ELパネルで、インセル互換品はLCD液晶パネルという製法の違いがあります。それ以外に、明るさ・色合い・タッチの精度などの違いがあります。純正品の方が高品質なのは間違いありませんが、日常使いでインターネットやメール、LINEぐらいしか使用しない方にとっては、コスパを考えるとインセル互換品で十分ではないでしょうか。画像ではわかりにくいですが、以下の比較写真をご覧ください。

■純正品とインセル互換品との比較写真

比べてみると多少の色合いは違いますが、見た目にはほとんど差がありません。

斜めから見てもあまり差はありません。品質の悪いパネルは斜めからの差が大きくなります。

正規店で修理する時の注意点

買ったばかりの最新モデルを修理する方や、純正品にこだわりのある方のために正規店で修理する場合の注意点を簡単に説明します。

1)AppleCareに加入していれば安く修理ができるが保証外ではかなり高額となります。 
2)事前予約が必須となり、飛び込みの対応は受け付けてくれません。 
3)修理前には初期化されることがあるので、事前のバックアップは必須です。 
4)修理後にはバックアップからの復元作業を行う必要があります。

以上の点を考慮して検討してください。

iPhoneリペアサービスで使用する部品

iPhoneリペアサービスで使用するパネル部品について説明します。

iPhone6までの古いモデル

iPhone6までの古いモデルは、「オンセル互換品」を使用しています。

理由はiPhone6までのモデルについては、オンセルでも品質が良くインセルとあまり変わらないので採用しています。6S以降のiPhoneは技術進化のため、今までのオンセルでは純正品と比べ、暗くて青味がかって明らかに品質が劣ります。そのため互換品製造メーカーから6S以降のモデルに対応するインセルが登場したのです。

iPhone6S以降のモデル

iPhone6S以降のモデルはすべて、「インセル互換品」のAランクを使用しています。

6S以降もインセルが出るまではオンセルを採用していました。インセルが登場して品質が安定してきたため現在はインセルを使用しています。インセルの良さは、品質とコストのバランスが良いということです

リペア品の取り扱いについて

尚、リペア品は品質は高いのですが、コストも高いため当店では採用していません。実際に取り付けてインセルと比較してみると発色、色合いではほとんど差はありません。ただし、タッチの滑らかさではリペア品の方がレベルは上です。ゲームなどでタッチの滑らかさや精度を求める方はリペア品が良いと思います。当店ではリペア品は在庫はしていませんが、ご要望があれば取り寄せることができます。納期や料金はお問い合わせください。

失敗しない修理店の選び方

修理店のホームページで画面交換の料金がかなり安い場合は気をつけて下さい。

通常、修理店の画面修理のページにはオンセル・インセルの区別は記載していません。オンセルで料金を掲載して安く見せかけ、実際に来店してみると受付けの時にオンセルは品質が悪いのでインセルを勧められます。店によっては元々オンセルは在庫してないところもあります。

このようなマナーの悪い店もありますので、事前に料金を確認する際には必ずどちらのパネルを使用しているかを確認してください。

すでに修理をした方は自分のiPhoneを確認してください。画面が暗くて、青っぽいのはほぼ間違いなくオンセルのパネルです。修理料金と部品品質は比例しています。安いものは「安かろう、悪かろう」です。

ただ、iPhone7以前の古いモデルや、機種変更も近いのでそれまでの間に合わせという場合や、子供が使うので安く済ませたい、セカンド機で家で使うなどの場合はオンセルで安く修理するといのもありなのですが、少なくとも修理する際には部品品質を知ったうえで納得してから修理してください。

最後に、修理後の保証の有無も確認が必要です。パネルも精密部品ですから多少の個体差はあります。使用してみて不具合があった際に、初期不良として無償交換ができるかどうかも重要なポイントです。iPhoneリアぺサービスでは修理後3カ月の保証があります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

修理やお見積り、相談がございましたらお気軽に当店までご連絡ください。
iPhoneリペアサービス関内セルテ店
神奈川県横浜市中区真砂町3-33 セルテ1F
営業時間:10時~20時(最終受付19時) 土日祝日も営業
TEL:045-228-7318

※iPhoneリペアサービスは関内店以外にも店舗があります。詳しくはこちらまで

必読の記事

1

iPhoneリペアサービスの修理品質・サービス品質について コンプラアンスは、直訳すると 法令遵守 のことですが、近年その意味するところは社会規範や社会道徳・企業モラルなども、コンプライアンスの意味に ...

2

iPhoneの画面修理に使用する部品品質について詳しく解説します! 全国には1500店を超えるiPhoneの修理店があります。そのなかにはいろんな修理店が存在しますが、店舗によって画面修理の価格に違い ...

3

iPhoneが壊れた時の正しい行動とは?買い替えるか修理するかの判断基準 大事なiPhoneが壊れてしまった場合、皆さんはどうしますか? 4年も使ったから機種変更しようという方や、中古のiP ...

Copyright© iPhone修理はiPhoneリペアサービスにお任せください! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.